《帰農志塾》 小松菜けんちん



  先日の“よみがえりの術”を施した小松菜で

山形の郷土料理、『小松菜けんちん』を作りました。


d0134753_6332215.jpg


ほんとに簡単で、素材の味のおいしさ際立つシンプルレシピです。


<材料>

小松菜    ひと束

木綿豆腐   1丁

ゴマ油    小さじ2

醤油     適量


<つくりかた>

① 小松菜は食べやすくざく切りにする。

② フライパンを温めて、ゴマ油を入れ、温まったら小松菜を炒める。

③ 油が全体になじんだら、真ん中に穴をあけ、フライパンの上で豆腐を
   崩しながら穴のところに豆腐を入れる。

④ 豆腐を木べらなどで軽く混ぜ炒め、軽く火がとおったら
  全体を混ぜ合わせ、鍋肌から醤油をざっと回しいれる。


・・・たったこれだけですが、小松菜と豆腐から水分が出るので
ジューシーな仕上がりです。

小松菜と豆腐そのもののおいしさ際立つ、とってもおいしい一品ですよ♪

残ったら、ダシ汁と醤油を加え、うどんとからめてもおいしーい。
ひとりごはんにぴったりです。



うちの夫は山形出身。

お母さんは料理の達人で私なんて足元にもおよばず・・・。
お正月はいつもお母さんのお料理フルコースを堪能しています。
いつか台所担当になる日がちょっと心配です~。
[PR]
by vivera | 2008-06-05 06:48 | 帰農志塾
<< 残り物には福があるチャーハン 野菜よみがえりの術 >>