「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ジンジャーグリーンソースのパスタ


今週の帰農志塾お野菜セットもブロッコリーの葉がたっぷり♪

栄養たっぷりの葉をおいしく、夏らしくいただきましょう~。

d0134753_2263256.jpg




少し多めに入れる生姜がおいしさのポイントです。
夫が『これはうまい!でもこれ何味!?』と不思議そうな顔をしつつ
あっという間に完食していました。

5歳長男も『生姜は食べられないよ~。』と言いながら
ぺろりと完食してお皿についたソースを舐めてました。

〈材料〉

○ブロッコリーの葉    100グラム
○小松菜        100グラム
○ジャガイモ    中1個
○にんにく    一片(スライス)
○生姜     大一片(スライス) 
○ピーナッツバター(タヒニ、白ゴマペースト)  大さじ1
○カレー粉   大さじ1
○醤油     大さじ1
○天然塩      小さじ1/2~1
○水      200cc   
●豆乳 200cc
●レモン汁 大さじ1

 刻んだ炒りくるみ

<つくりかた>

① ブロッコリーの葉、小松菜は茹でてざく切り、ジャガイモは茹でるか蒸しておく。

② ミキサーに①と○印を全部いれてペースト状にする。

③ 鍋に②をいれ、火が通ったら●を入れて煮立てないようにあたためて
  ゆでたパスタにからめる。


ミキサーに入れる塩は少し控え目にしておいて、最後に塩で味をととのえると
味が決めやすいです。

最後に入れる豆乳は、ペーストを鍋に移した後のミキサーにいれて
少し回してから鍋に入れるとミキサーに残ったペーストが無駄なく
使えます。

ジャガイモはついでにまとめて何個か蒸し、ポテトサラダにしたり
翌日のお弁当のおかずの下ごしらえにしてしまうといいですね。

材料が多い気がするかもしれまんせんが、ミキサーであっという間、煮込む
手間もないうえに何といってもオイルを使っていないので
とっても身体に優しい、夏のおいしいソースです。

ブロッコリーの葉っぱ、捨てないで使ってくださいね♪
[PR]
by vivera | 2008-06-28 22:16 | 帰農志塾

サクとろっ♪ズッキーニとコーンのかき揚げ


 今週の帰農志塾のお野菜セットは・・・

大根 かぶ 子かぶ きゃべつ 小松菜 巨大小松菜 スナップエンドウ 青じそ 

セロリ 山芋 新たまねぎ ズッキーニ 細ねぎ にら


今週は大好きなズッキーニがはいってます。
いつものラタトゥユもいいけれど、今回はかき揚げです。


d0134753_644362.jpg



<材料> ~2人分~

ズッキーニ   150グラム(小1本くらい)

コーン    50グラム    

地粉   適量

冷たい水 適量

塩     ひとつまみ

(あれば)ブロッコリー

※ コリアンダー、ターメリック、クミンパウダー(カレー粉)


<つくりかた>

① ズッキーニは大きめのサイの目にし、ブロッコリーは小房にしておく。

② ボウルにズッキーニとコーンを入れ、地粉をパラパラといれて
  全体に白っぽく薄化粧をかける。

③ 別のボウルに地粉と塩、水を入れてややかための溶き衣をつくる。
  (お好みで※も入れる)

④ 油(なたね油にゴマ油そ加えたもの)を中温にあたためたら
  ②を③の中にいれ、小さなしゃもじなどで少しずつすくって油の中に
  落としていく。サクッと揚げて完成。(ブロッコリーはそのままてんぷらにして
  揚げる)
 

大人は揚げたてに塩コショウでいただくのが最高ですー。
サクッ、ズッキーニはとろっ、でおいしい~~!!


子供には※を入れずに丼つゆを作って
かき揚げ丼に♪
リオはめちゃめちゃ喜んで、わ~っと夢中で食べ始めて
あっという間に上にのっかってるかき揚げだけを食べてしまいました。。。

d0134753_629234.jpg


茶色くマーブル模様になって残っているごはんを
見つめて『あ・・・ご飯だけになっちゃった・・・』と初めて気づき
眉毛をさげてしょんぼりしている姿が可愛くて笑えました^^

  
[PR]
by vivera | 2008-06-14 06:31 | 帰農志塾

YURIA'S KITCHEN 六月のお料理教室


 今年の2月から、毎月自宅の小さなキッチンを使って
お料理教室をさせていただいています。

 完全なマクロビオティック・・・というととても奥が深くて
いろいろな決まり事なども細かくあります。
ですので、マクロビオティックの料理教室という
断定ではなく、マクロビオティックやデトックスのことなどの知識を
織り交ぜながら楽しくおいしい、心と身体に優しいお料理教室!を
目指しています。


d0134753_7274276.jpg


d0134753_7283610.jpg


d0134753_726465.jpg





 私はまったくの下戸なんですが。。。

冷た~いビールがおいしい季節になりましたね♪

今月は・・・


 夏のふりかけとコーンの玄米ごはん

 わかめたっぷり春雨中華スープ

 ベジ餃子

 ひよこ豆のグラッセ~バルサミコ仕立て~三種盛り

 小松菜のデトックスジュース






 最初、夏を前に、あっさり食べやすい土鍋で炊く
玄米ごはんをやろうと思っていたのですが
試作の段階で、夫と子供の大ブーイングにあい、
結局圧力鍋で炊く、夏用玄米ごはんにしました。

ローストしたてのくるみとゆかりとコーンが
絶妙のコンビネーションで、おかずがいらないくらい
おいしいです♪思わず食べ過ぎてしまいます。

グラッセは子供に圧倒的人気。
今回はグラッセのおみやげ付きにしました^^

ベジ餃子も、『焼き』がとっても上手なママさんがいたので
食べ応えもあって抜群です。

それにしても、みんなで餃子を作るのって
すごく楽しい!ひとりひとり包み方も具の量も違って
みんなのやり方をマネしてそれぞれの食感を味わえるのも
教室の醍醐味です♪

今日、とっても嬉しかったこと!

妊娠して、普通の食事があまり食べられない状態の方がいたのですが
夕方、幼稚園のお迎えで会ったときに
『いつも夕方になると調子悪くなるんだけど、今日はしっかりしたもの
食べたから、すごく元気で調子いいの~。』と。

こんな一言が心底嬉しくて感激です。。。
今月はあと4回、とっても楽しみです♪
[PR]
by vivera | 2008-06-10 07:32

残り物には福があるチャーハン


  ブロッコリーの葉・・・捨ててませんか?


実はこの葉っぱ、本体よりも栄養いっぱいなんだそうです。
クシマクロビオティックの貴公子、パトリシオ先生がおっしゃってました。

無農薬のブロッコリーが手に入ったら、ぜひお試しくださいね。

d0134753_6202761.jpg


さすがに一番大きな葉っぱはすごく硬くて食べづらいので
房の周りの小さいのともう少し大きめのものを一度茹でてから
刻んで使うといいですね。

<材料>
ブロッコリーの葉

大根の葉

コーン

にんにく(みじん切り)



醤油

オリーブオイル

残りごはん



<つくりかた>

①葉を塩少々くわえた湯でゆでて、小口切りにする。

②フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れてあたため、
  香りがのったら葉を入れて炒める。

③醤油の2倍量くらいの酒をジャッと加え、醤油で濃いめに味付けする。

④残りごはんとコーンも加えてよくほぐし、塩コショー、足りなければ醤油で
 味をととのえる。


と~~っても栄養満点のすごいチャーハンです!
ミネラルチャーハン・・・といってもいいのかな♪

チャーハン好きな子供に、女性のひとりごはんにもオススメです。
~チャーハンの上に乗っかっているのは間引きした小かぶのぬか漬け~
[PR]
by vivera | 2008-06-07 06:29 | 帰農志塾

《帰農志塾》 小松菜けんちん



  先日の“よみがえりの術”を施した小松菜で

山形の郷土料理、『小松菜けんちん』を作りました。


d0134753_6332215.jpg


ほんとに簡単で、素材の味のおいしさ際立つシンプルレシピです。


<材料>

小松菜    ひと束

木綿豆腐   1丁

ゴマ油    小さじ2

醤油     適量


<つくりかた>

① 小松菜は食べやすくざく切りにする。

② フライパンを温めて、ゴマ油を入れ、温まったら小松菜を炒める。

③ 油が全体になじんだら、真ん中に穴をあけ、フライパンの上で豆腐を
   崩しながら穴のところに豆腐を入れる。

④ 豆腐を木べらなどで軽く混ぜ炒め、軽く火がとおったら
  全体を混ぜ合わせ、鍋肌から醤油をざっと回しいれる。


・・・たったこれだけですが、小松菜と豆腐から水分が出るので
ジューシーな仕上がりです。

小松菜と豆腐そのもののおいしさ際立つ、とってもおいしい一品ですよ♪

残ったら、ダシ汁と醤油を加え、うどんとからめてもおいしーい。
ひとりごはんにぴったりです。



うちの夫は山形出身。

お母さんは料理の達人で私なんて足元にもおよばず・・・。
お正月はいつもお母さんのお料理フルコースを堪能しています。
いつか台所担当になる日がちょっと心配です~。
[PR]
by vivera | 2008-06-05 06:48 | 帰農志塾

野菜よみがえりの術



  野菜セットを頼んでいる人が一番頭を悩ませていること。それは・・・


・・・届いた日とその次の日に野菜のお手入れをすること

うっかり用事が入ってしまっていて、野菜がそのままになっていたりすると
この時期、あっという間に元気な野菜たちもしんなり~。
そして下の方がどろ~っなんてことも・・・・。このときのショックといったらもう^^

さすがにどろ~~とまでいってしまうと無理ですが
しんなり元気がなくなってしまった青菜を元気にする術があります。

タライに水をはり、元気にしたい青菜を葉ごとつけます。
そこに半分に切ったじゃがいもをいれます。

30分~40分くらいでアラ不思議、青菜がしゃっきりしてきます。

画像は金曜日に届いた小松菜さん。
しんなりしたものを上記の術にかけました。

術後
↓↓↓

d0134753_6154092.jpg


これ以上水につけるとビタミンも逃げるし、また野菜が傷んでくるので
くれぐれもそのまま放置しないでくださいね♪
[PR]
by vivera | 2008-06-03 06:16 | 帰農志塾

《帰農志塾》 人参葉っぱのポテトパンケーキ


 今週の帰農志塾お野菜セット

d0134753_23371435.jpg



毎度のことですが、この野菜さんたちのエネルギーってすごいです。
何というか、ほんとに生きてる野菜同士が会話でもしてるんじゃないか?って
思えてくるくらい、わさわさしてるんですよね。

そんなエネルギーも丸ごといただくから、こちら人間も元気になっちゃうんですね!

そしてそして、今週もおいしそう~な人参の葉っぱがあったので
栄養たっぷりのおいしいパンケーキにしてみました。

d0134753_2338385.jpg


<材料>  直径5センチくらいで10枚分

人参の葉っぱ  1/2カップ

じゃがいも  1個

塩  小さじ1/3

地粉(なければ小麦粉) 2/3カップ  

水  100cc前後

豆乳 100cc 前後

※お好みでクミンパウダー少々

<つくりかた>

① じゃがいもは芽を取り除き、皮ごとすりおろしてボウルに入れる。
  人参の葉は茎ごとザクザク大きめの小口切りにしておく。

② じゃがいもを入れたボウルに粉と塩を入れ、水と豆乳を同量ずつ様子を見ながら加える。

③ パンケーキなのでホットケーキの生地より少しゆるめにととのえて
  人参の葉を加え、ざっくりと混ぜる。

④ よく熱したフライパンにオリーブオイルを入れて
  両面きつね色にこんがり焼く。


クミンパウダーを少し入れると、人参葉の少しクセのある味とよく合っておいしいです。
でも、苦手な方は入れなくてもおいしいですよ♪

平日の朝はご飯だけれど、週末はこんな朝ごはんが何より楽しみですね~。
リオは『はぁ~~、いい匂いだぁぁ~!早く食べたいよーーー。』と
ちびくろさんぼみたいに何枚も食べて何度もおかわりしていました。

ソースは玄米味噌やケチャップを豆乳でのばしたもの、塩コショウ、
バルサミコソースがよく合います。

朝、20枚以上焼いたのに、あっという間になくなりました・・・
しっとりもちもちのパンケーキ、おいしかったです。
また食べたい^^


 

 
[PR]
by vivera | 2008-06-01 00:22 | 帰農志塾